[ 未分類 ]

シートの裂けはビニールボンドで補修する

原付きスクーターに使われている部品は、大型バイクと比べると耐久性は劣りますが、構造がシンプルなため不器用な方でもメンテナンスが可能です。私が買った原付スクーターは中古、そのため買って1年程が過ぎた頃から各所でガタつくようになり、一番はじめに施したのはシート裂けの補修でした。通常は新しいシートに貼り替えるかシートカバーを被せるのですが、張り替えるには鋲打ちするためのタッカーが必要、タッカーは他に使い道がないため却下、シートカバーを被せるだけではシャンプーキャップのようにチープ感が否めないため却下、最も低予算でシート裂けの補修が可能なのがビニールボンドでした。シートはカバーとスポンジから出来ており、裂けた切れ目にビニールボンドを注入してやるとビニールボンドがあふれるため、後はヘラで平らにならし、ボンドが固まるまで待てば終了です。施工店のバイクシートの貼り替えと比べると、補修箇所が明らかなためチープ感はありますが、黒色のビニールボンドを使えば然程目立ちません。シートカバーを被せるだけでは、ツルツル滑るため座り心地が悪く運転にも支障がありますが、ビニールボンドで補修するとシートに多少のムラが出来るため滑り止めとなり、座り心地に変化はありません。