ぎっくり腰の再発を防ぐために行なっていること

3年ほど前のことですが、仕事で重たい荷物を運んでいたときに、溝に嵌ってしりもちをつき、そのときにズーンという痛みが走ってぎっくり腰になりました。

骨折はしていなかったので良かったですが、一度ぎっくり腰になると再発し易いということなので、それ以来再発しないように注意をしています。

具体的には、荷物を持ち上げるときは膝を曲げてしゃがみ、荷物を持ってから膝を伸ばす力で持ち上げるようにしています。
下に落ちた物を拾うときも、腰を曲げて取ろうとしないで膝を曲げてしゃがんで拾っています。

筋肉の疲労や硬直も原因になるということなので、以前は夏場などはシャワーで済ましたりしていたのですが、夏場でもお風呂は湯船にしっかりと浸かり、上がってからちょっとしたストレッチを行なっています。

ストレッチは寝転んだ状態で片足を上げてその足を反対側に倒し、その足を戻してから逆の足を上げて反対側に倒すという動きを数回行なっています。

冬はぎっくり腰を予防する意味で、貼るタイプの使い捨てカイロを腰に貼って腰を温めています。