[ 腰痛 ]

ぎっくり腰の治し方と注意点

急に痛みが起こるぎっくり腰は、年齢関係なく起こる可能性があります。日常生活に支障をきたす事があるので注意が必要で、慢性的に腰へ負担をかけているような生活をしていない人でもぎっくり腰になる恐れはあります。

ぎっくり腰になった場合は3日程は、組織の炎症がみられる可能性があるので、痛めた箇所は温めずに1日数回10分程のアイシングを行い、冷やして対処します。動きに影響がある場合は腰痛ベルトなどで腰を安定させると動きやすくなります。

痛みが落ち着いてきたら急性腰痛症を扱っている代替医療を受信する事で回復が早まる事が期待できます。日常生活の中でも定期的にストレッチや体操などを取り入れて、筋肉のコンディションを保つ事が肝要です。

普段の生活で、朝の洗顔などで腰をかがめた時や重い荷物を持ち上げる時など不意にくるのがぎっくり腰なので腰に負担をかけない様に意識をする事が大事です。人によっては、ぎっくり腰になったかはっきりわからない人もいるので注意が必要です。