[ カーフィルム ][ スモークフィルム ]

カーフィルムを貼るポイント

カーフィルムを施工する際に気を付けるべきポイントがあります。まずは、紫外線から守る目的で夏場にカーフィルムを施工する方が多いですが、フィルムを貼り付けるためにガラスに吹き付けた水が乾いてしまいます。特に真夏の暑い時期ですとすぐに水が蒸発してしまうため出来るだけ暑さが緩む夕方や曇りの日を狙って施工すると良いです。

 

次に風が強い環境で施工しようとすると上手くいきません。風の影響でカーフィルムが折れてしまったり、ゴミが飛んできてフィルムとガラスの間に入り込んでしまう場合があります。せっかくカーフィルムを施工しようとしても上手く貼れずに剥がす事になってしまうため風が無い状態で施工する事が大切です。

 

作業する際の服にも注意が必要です。服の繊維などが取れてカーフィルムに付着する事があります。繊維が出ないような作業服を着て施工すると安心です。カーフィルムは繊細なため入念に準備して慎重に作業する事が大切です。
私の友人は、上手く貼ることができず窓ガラス撥水コート施工をした江戸川区の専門店に依頼していました。